スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に 22・23・24話 感想

何かもうどうでもよくなってきたwww

作者の考えていることは常に視聴者の上にあるっていうか

推理してもその推理をばっさりとなぎ倒されている感じで

以前よりももっとグロくなっているし・・・


22話?24話の大体のあらすじ

21話は「金蔵がいるかどうかでもめていて、結局金蔵は生きていた」というところで終わりましたが

金蔵はそんなことでもめていて実際に碑文の謎が解けていない自分の子に腹を立てる

そして色々な"家具"を召還・・・そこら辺の脇役を一気に殺す

このとき初登場の悪魔、家具も

ガァプ・・・カーリーヘア。両脇が大胆にも露出した赤いドレスが印象的。能力は瞬間移動。

シエスタ00・・・右目に眼帯を着けている。前衛や偵察に優れており、高い制圧力を誇る、らしい。

蔵臼と霧江、医者、紗音と嘉音は九羽鳥庵の地下の牢屋に閉じこめられた

熊沢と郷田は何とか逃げ切って戦人たちがいる部屋へ

金蔵が言うには次期継承者を孫の中から選ぶらしい

・・・つまり戦人、朱志香、譲治、真里亞の4人に継承権を得る機会が与えられたのである

ただし継承権を得るには試験に合格しなければならないという

最初に譲治と朱志香が試験を受ける

譲治は朱志香を蹴り降ろし、朱志香は譲治の腹を突き破って相打ちとなりどちらとも死んだ

・・・結構大胆に省いてみた

蔵臼や霧江たちは嘉音の力を使って脱獄・・・だが結局シエスタたちに殺されてしまう

そのとき最後に生き残っていた霧江は戦人に電話をする

次に戦人と真里亞が試験を受けることに・・・戦人は指定された場所、倉庫に行く

そこで熊沢と郷田が死んでいた・・・省きすぎて文脈上テレポートした感じになっているが

・・・このモザイクなしもなかなかにきつかった。。。

戦人はそこでベアトと出くわす・・・この世界での戦人は初めてベアトと会うことになる

戦人への課題は譲治、朱志香と同じもので

1、自分
2、自分の愛するもの
3、1・2以外の全員

1?3の内2つを得るために1つを犠牲にしろというもの

しかし、戦人は2番が空白になっていた・・・戦人には誰も愛する人がいないという

ベアトが本当に愛する人いないのか、と迫るが「いない」とはっきり答える戦人

ベアトは課題を変え、戦人に6年前にあった贖罪について懺悔するように言う

・・・ちょうど6年前は明日夢が死んだとき 実際それが関わってくるかは分からないが

しかし思い出せない戦人・・・ベアトは失望してゲームの盤上から降りると言った

裏の世界にいるベアトはこのゲームを放棄するといきなり言い出した

ゲームの放棄はこの六軒島の謎がいつまで経っても解明されないことを示す

戦人は突然のことにベアトを止めにかかるが、ベアトは戦人に赤で復唱要求をする

・・・戦人が赤を使ってベアトのことを復唱する、ということです

ベアトが「戦人は右代宮明日夢の子どもである」ということを復唱要求する

戦人は当然のように復唱しようとするが、復唱できなかった

ベアトは裏の世界から花畑へ・・・そこには真里亞もいた

ベアトは理解者は真里亞しかいないと言う・・・


23話の縁寿のシーン

縁寿は南条と熊沢の息子のもとへ行って話を聞くが、2人から共通して同じものを渡される

それは銀行の金庫の鍵とカード・・・その金庫の中身は大量の現金だった

その金庫の鍵とカードは郵便で送られてきたというのだ

ただ宛名の筆跡が真里亞の日記の中にあるベアトの(?)筆跡と一致

そのあと縁寿は六軒島に行こうと船を貸してくれる人のもとへ行くが

なんとそこで"さくたろう"を発見

さくたろうはローザによって壊され、ローザの意思がないと直せないと言われていたものだった

そういえば真里亞はさくたろうの恨みをローザに思いっきり晴らしていましたね 

あれだけグロイシーンを"そういえば"という書き出しで始められるうみねこって・・・

だいたい22?24話はこういう話だったと思います


個人的に気になったところを少し

・霧江が戦人に電話をしたときに「魔物を見ても驚かないで」と言った

→実際に魔物のような生き物、つまり凶悪な未確認生物がいるとしたらどうだろうか

ひぐらしの場合は「雛見沢症候群」というものがあったように、うみねこも未知なるものがあったら説明がつきやすいのではないか

・ベアトの復唱要求に戦人が答えられない

→6年前のことを思い出せないからだろうか それとも本当に明日夢の子ではないのか

・さくたろうが復活していた

→楼座がまた作り直そうとしない限り復活は無理 ただこのシーンの意味することとは・・・


頑張って推理しようかとも思いましたが、そんな時間もないので止めました

あと2話で終わりですよ!! ・・・ひぐらしみたいに解決編が約1年後に出るパターンですね

ひぐらしも1期は結局最終話になるまで言っている意味が分からなかったしなぁ

とりあえず真里亞と縁寿、戦人はキーパーソン

明日夢は情報量が少ないので何とも言えない

六軒島に行った縁寿を殺しに行った集団はどうしたんだ・・・あの集団はものすごく怪しかった

ということであと2話に期待しています


"うみねこのなく頃に"より森の中のベアト壁紙(1440X900)です
umineko23.jpg
スポンサーサイト

うみねこのなく頃に 21話 感想

今回でだいぶ話の核心部分に近づいてきたような気がする


今回は「マリアと縁寿の妄想」という話

縁寿はクラスメイトから馬鹿にされ、協調性がないと言われる・・・確かに協調性はなさそう

縁寿はそれまで黙って悪口に耐えてきたが、ついに我慢できなくなる

そして煉獄の七姉妹にクラスメイトを殺すように命令する

だが煉獄の七姉妹は命令には応じず、縁寿の怒りを静めようと説得する

縁寿はそんな煉獄七姉妹の態度に「所詮魔法なんて役立たず」と言い始める

その途端煉獄七姉妹は石になり砕けていった・・・この教室はもとから反魔法力が強いらしい

そしてマモンだけとなり、マモンは「縁寿に手を血に染める覚悟があるなら手を貸す」という

だが縁寿は「なんで私がそんなことをしなくちゃならないのよ」と反発

ここで縁寿が確信となる一言、「あんたたちは所詮私の妄想」・・・やはり、予想通りだな

マモンは自分は妄想だと認める・・・そしてマモンも石となって砕け散る

さくたろうもこのとき消滅・・・そしてマリアの過去に話は進む

・・・このときの"反魔法力が強い"というのは、この教室には現実主義が多かったということか

やっと 魔法=妄想 ということがはっきりとしましたね
 

マリアはまた1人で買い物をしていた・・・今度はウサギの音楽隊もつれて

マリアは家に帰るが鍵がなかった

鍵を探しても見つからず、泣いているのを警察に補導される

って大石www ものすごい懐かしくなった笑 顔もなんか似てて大石の若い頃?

・・・そのときマリアは、警察の電話から母親が仕事中ではないと言うことを耳にする

後日ローザのもとに指導員が来る・・・ローザは何も悪いことをしていないと言って追い返す

その後ローザはマリアの髪をつかみ、怒り始める・・・知能ゼロってなんぞwww

マリアが外で人形ごっこをしていたのが悪い、といってポケットに入っていたウサギの音楽隊をまず破壊

そしてさくたろうを奪い上げ、頭と胴を両側から引き裂いた・・・ヒドス。。。

マリアは裏の世界へ・・・そこにはベアトリーチェが

マリアはこんな母親は母親ではないと言って、ベアトリーチェに"母親を殺したい"という

・・・マリアと縁寿の違いは、マリアにははっきりと殺意があって覚悟もあるところですね

そんなマリアにベアトリーチェは能力を与えることに

・・・途中で入ったローザとマリアの幸せそうな回想はなんなのだろうか

マリアの会話から、この回想のときローザは"幸せになれる魔法の呪文"を言ったらしいのだが


話は縁寿のいる1998年に戻る

縁寿は"調べたい"という自己満足のために六軒島に向かっていた

天草は縁寿に"自己満足こそが人生なのでは"と言う・・・天草も悟りを開き始めたな

・・・要するに"利己主義"でしょうか 利己主義→Wikipedia参照

縁寿はその言葉を受けて「魔法は他人が決めるものではない、マリアお姉ちゃんが決める問題」という

ここからは自分なりの考察なのですが

この縁寿の発言から、"今までのマリアの回想は縁寿が作り上げたものだ"ということが推測されます

マリア自身が日記で"魔法は存在する、幸せだ"と言っているのに、縁寿はそれを否定した

そして縁寿は、マリアの過去を"幸せな物語"から"不幸な物語"へと変えてしまったのだと自覚したのである

縁寿は再び煉獄七姉妹とさくたろうを出現させる・・・もちろん妄想ですが

・・・この場面で縁寿は「マリアの世界では確かに煉獄七姉妹とさくたろうが存在した」ということを認めた

そして縁寿はそのことをはっきりとさせるため六軒島に行った


最後怪しい連中が映りましたね・・・あいつらは縁寿を殺すような発言をしていたが何なんだ?

ここで今回の話は終了


話を整理すると・・・自分なりの考察は混じりますが
魔法=妄想

・(視聴者が見ている)マリアの回想は縁寿が作り上げたもの

・縁寿が自分のことを魔女見習いと言ったり、自分の周りに煉獄七姉妹を出現させたりしたのは、マリアの日記から得た情報で縁寿が勝手に妄想で作り上げた世界

ということになると思います


最後の怪しい連中はものすごく気になりますね

次回からは戦人も話に参加してくるのか・・・今回は主役なはずなのに1回も出ませんでしたね

早く青も見たいです・・・

次回も期待してます


うみねこのなく頃により、煉獄七姉妹の杭の壁紙(1600X1200)です
umineko11.jpg

うみねこのなく頃に 20話 感想

今回は「縁寿の過去とマリア郷」という話

前回裏の世界で戦人と一緒に推理することになった縁寿

だがマリアが幸せそうでないのを見ていらついて席を外す・・・縁寿の前にはマリアが

マリアは「真実は観測者によって形を変える」と言って回想にはいる


?マリアの回想?

楼座は"仕事"で数日家に帰ってこないとマリアに電話で伝える

・・・楼座はマリアと映画に見に行く約束をしていたが行けなくなった

そこにさくたろうが来てマリアを励ます・・・パジャマパーティーをしようと言い出す

そして数日後楼座が家に帰ってくる・・・楼座の上着から温泉旅館の領収書が

?マリアの回想終了?


まずこの回想を10人に見せたら9人が楼座に訳ありだと思うだろう

どうやら縁寿もその9人に含まれるようで、楼座の仕事や世間体ばかり気にする態度にいらついていた

だがマリアはそれでも"この思い出"は幸せだったという・・・マリアは「縁寿はかわいそうな子だね」と言い放つ

マリア「幸せのカケラは身の回りにたくさん落ちているというのに、不幸のカケラばかり拾っている

・・・この9歳児は哲学者かwww

そこにベアトも来る・・・マリアにあって縁寿にない力は「魔法」だという

?ここでマリアとベアトの回想へ?

マリアとベアトは庭園でお茶を楽しんでいた・・・さくたろうはベアトと初対面らしい

ベアトはさくたろうを見て関心をする・・・そしてマリアはいつかベアトも恐れる大魔女になると言う

ベアト「1を手にすることはたやすい。しかし0から1を生じさせることは困難だ。

・・・どうやらこの世界には哲学者ばかり存在するようだ

ベアトはマリアにプレゼントをあげると言い出す・・・そこにワルギリアが

ベアトはマリアに魔導書を出させ、ワルギリア立ち会いのもと魔導書に何かを書き込んでいく

それはさくたろうを一個人として認め、マリアを原初の魔女見習いとする宣言書だった

その魔導書が光った途端さくたろうも光り、何と擬人化した!? ・・・何かさくたろうがかわいいぞ

マリアもコスチュームが替わり、右手には杖が握られていた


マリア「幸せというものは日常の中に新しい幸せを見つけ出すことなの。それが原初の魔法

マリアはそのことを縁寿にも教えたことがあったという

何と縁寿は魔女の世界に足を踏み入れるべく修行をしたことがあったというのだ

?縁寿の回想へ?

縁寿はマリアとさくたろうと一緒に魔法(妄想?)で煉獄の七姉妹を呼び出すことに

見事七姉妹は現れるが・・・そこっ、7人全員でさくたろうを奪い合わない!

一気に7人を妄s・・・魔法でずっと出現させるのは大変なので、マモンだけをずっと出現させておくことにした

ここで舞台は聖ルチーア女学院へ

縁寿には居場所がなく、1人でいられる場所はトイレしかなかった・・・

寮に戻ると、寝る前には必ずチェックを受けるらしい・・・本当に囚人みたいだな

マモンいわく、縁寿の付けている髪飾りにはものすごい魔力が宿っているらしい

・・・どうやらその髪飾りは昔戦人からもらったものらしいのだ

マモンに縁寿は大魔女になると言われるが、あることがきっかけで魔法を使うのを止めてしまう

・・・その"あること"とは何だwww 映像だけは映ったが、この後の伏線になりそうですね


時間は1998年に飛び、縁寿は六軒島の捜査に詳しい人から事件について聞いていた

事件の後、島に2つの手紙入りの瓶が見つかった

しかしその2つは筆跡が同じだが、内容が全く違うという

さらにどちらとも署名がマリアになっているものの筆跡がマリアとは違うらしい

だが縁寿の持っている魔導書から、その筆跡はベアト(?)のものだとわかる

?縁寿の回想終了?


縁寿はマモンにそろそろベアトのもとへ戻るよう言われる

そこにラムダデルタが・・・縁寿に「あなたは報われない戦いをしている」と言われる

戦人がこのゲームでベアトに勝っても、戦人が生きて戻ってくるのは1998年に生きる縁寿のもとではなく、1986年に生きる縁寿のもとだというのだ

そしてラムダデルタは縁寿にずっと引き分けるように言う・・・引き分ければずっと戦人と一緒にいられる

ここで今回の話は終了


今回はずっと縁寿の回想でしたね・・・これが今後どういう風に事件に絡んでくるのか

1986年にとっては未来の話だが、縁寿にとっては過去の話・・・何ともややこしいな

とりあえず次回にも期待します


うみねこのなく頃にの壁紙(1600X1200)です
umineko17.jpg

うみねこのなく頃に 19話 感想

冗談は髪型だけにして

展開が忙しくてついていけないwww ・・・いや本当に原作をやっていない俺にとっては冗談じゃないよ


今回は「縁寿→さくたろう→縁寿→戦人とベアト」という話

縁寿は戦人のいる時代にタイムトリップ(?)していた・・・そこにはベルンカステルも

縁寿はこの六軒島で何が起きたのかを知るため、また戦人たちを救うためにこの時代に来た

ここでOPが・・・

OPの肖像画がEP1に戻ってる!! 

それよりもびっくりしたのはマリアでしたね・・・何で杖持ってるんだwww マリアも魔女だったのかwww


裏の世界でベアトは戦人のことを気にしていた・・・ロノウェに戦人は落ち込んでいると聞かされる

しかし戦人は暴食のベルゼブブとクロワッサンの取り合いをしながら登場・・・落ち込んでいる素振りもない

ロノウェはベアトをからかったのだ・・・ベアトがデレたwww というよりツンツンしていた?

また戦人とベアトはゲームをはいじめることに・・・そこに縁寿が登場

縁寿は戦人側について助言などをするらしい


話は縁寿の過去に戻る

縁寿は唯一生き残った絵羽に引き取られて生活していた

絵羽には厳しい教育を受け、お嬢様学校に行くも周りの人になじめない

絵羽はマリア姉さんの本を読むのが・・・ってマリア姉さん!?

・・・マリアが実際に生き残っていたら縁寿にとって3歳年上になる

そのマリアの日記のようなものを縁寿は呼んでいた

?マリアの過去?

マリアは誕生日・・・ローザにさくたろうという名前のライオンの人形をもらう

ある日マリアはローザから今夜は帰れないという電話が来る・・・ローザは男と一緒にいた

マリアはさくたろうと一緒に家を出て良いか聞くも、ローザに却下される

マリアは「どうしてだろう」とさくたろうに何気なく聞くが・・・返事が返ってきた!?

さくたろうが普通に会話している・・・まさかマリアの幻想ではないよな

しかもさくたろうの声みのりんwww うみねこ脇役の中の人堅めすぎだろwww

?マリアの過去終了?

縁寿はマリアがさくたろうと会話していたのを「魔法の力」と表現

そこにマリアの幻影が!? 

マリアの日記に残された魂のカケラを縁寿が魔法でふくらませてマリアをよみがえらせている、らしい

・・・簡単に言うと妄想?


場所が変わり、縁寿は小此木と呼ばれる男と話をしていた・・・って小此木!?

ひぐらしにも出てくるあの小此木か・・・ということは悪役?

確かに次の場面ではよく分からないけど縁寿が山狗(?)に追われていたけど・・・そして縁寿は捕まる

そのとき天草という男が縁寿を助ける・・・誰だwww

そのあと小此木と一緒に女の人も会社から出てくるシーンがあったが、その人も誰www


何かよく分からないまま1986年の六軒島に戻ってきました

そこでは兄弟夫婦で当主問題について話し合っていた

霧江は今まで金蔵の世話をしていた蔵臼がよいのでは、と提案

ただし条件がある・・・1つは金蔵を死ぬまで世話すること、もう1つは金蔵を自然死以外で死なせないことだ

その条件が満たされないとき次期当主としての権利は失う

ここで1つの可能性が出てくる・・・それは金蔵死亡説だ

蔵臼は金蔵がすでに死んでいるにも関わらずそれを隠していた、という説だ

霧江は金蔵との面会を要求する・・・霧江は金蔵がすでに死んでいるのだと確信していた


ここ裏の世界へ・・・戦人はこのやりとりを聞いてあることを思いつく

それは金蔵がすでに死んでいると17人であり、他に誰かを加えて18人ということだ

ベアトに復唱要求をするも拒否される・・・もはや復唱要求は受け付けないらしい

そこで変わりに出てきたのが""だ

青は戦人が使うことができ、魔女の存在を否定する推理の時に用いるらしい

例えば今回は「金蔵が死んでいて本当は17人であり、そこに未知なる18人目が加わって合計18人となる。17人全員にアリバイがあっても18人目による犯行が可能になる

下線部が魔女の否定ですね なので前半部分だけでは"青"は使えない、ということです

しかし金蔵は生きていたようです・・・しかも蔵臼を軽々持ち上げて投げ飛ばしたww

何て怪力な年寄りなんだ 余命3ヶ月とは思えない

・・・ここで今回の話は終了


何か他にもツッコミたいことがたくさんあったような気がするけど、文が長くなってしまったのでやめました

来週も期待してますよw


うみねこのなく頃にの壁紙(1600X1200)です
umineko15.jpg

うみねこのなく頃に 18話 感想

何か色々と省きすぎでは?

確かに要点だけはつかんでいるけど・・・何というか、例えるなら料理の材料だけを渡された感覚?

・・・それともそれが狙いで俺に原作を買わせようとしているのか


今回は「ベアトの本当の狙い」という話

前回朱志香を助けることにしたベアトは、朱志香を死んだはずのカノンと会わせる

・・・カノンは確かに死んでいるが、ベアトの魔法によって一時的に存在を許された

ベアトは朱志香とカノンが一緒にいることを見届け、部屋から出る

しかしそこにエヴァベアトが・・・ベアトを背後から奇襲

ベアトは負傷しながらも朱志香とカノンのいる部屋を守ろうとする

しかし追い打ちをかけるようにシエスタたちがベアトに攻撃・・・最終的にはベアト自体を爆発させるのだが

それでもベアトは心臓だけを残して生きていた!! ・・・無限の魔女はそんなことでは死なないようです


ここでエヴァベアトも一緒に裏の世界へ

戦人は戦う相手をベアトではなくエヴァベアトだと認識・・・戦人はエヴァベアトと推理対決を繰り広げる

戦人は一連の事件の犯人を絵羽だと推定

2日目の晩、楼座とマリアが殺されたときに絵羽は秀吉の証言により部屋にいたというアリバイがあったが

それは秀吉が絵羽をかばって嘘をついたのだと推理・・・エヴァベアトは否定できない

また霧江たち3人が殺されたことについて、絵羽は

「霧江はゲストハウスを出ないべきだと主張していたのに食料を得るためゲストハウスを出た」

というのは矛盾だと指摘、エヴァベアトが魔法で霧江を操ったのだと言うが

霧江の持ち物の中に秀吉と同じ銘柄のたばこが・・・霧江はたばこを吸わない

絵羽は大のタバコ嫌いなのにも関わらず、絵羽と秀吉の部屋にはタバコの吸い殻が

→絵羽が部屋を抜け出して楼座とマリアを殺したのだと霧江は感づいていた

霧江は秀吉を隔離して、秀吉から真相を問い詰めるつもりだった

戦人はあともうちょっとでエヴァベアトに推理戦で勝つ・・・というときにエヴァベアトは"赤"を発動

・南条が殺されたとき使用人室には南条と朱志香しかいない
・朱志香は殺人を犯していない
・南条が殺されたとき戦人・朱志香・絵羽は生存していた
・戦人も絵羽も南条殺しには関わっていない
・南条は他殺、トラップで殺されたわけでもなく、真正面の至近距離から殺された


らしい。。。

ちょっと気になったのだが、朱志香は殺していない関わっていないとは言ってないよな

朱志香はその時目が見えない状態だったため、事故という可能性も考えられる

例えば 朱志香が何か(石像など)を倒す → 南条に正面からもの(石像など)がぶつかる → 南条死亡

また3人以外の何者かが自分が殺される前に南条を正面から襲う

→ 南条はその傷が今になって悪化 → 南条死亡 とも考えられる

しかし戦人はほぼ諦めかける・・・そこでベアトが立ち上がる

なんとベアトはで魔法の存在を否定しようというのだ・・・そんなことをしたらベアトは魔女ではなくなるのに

ベアトは戦人に耳をふさぐように言う・・・戦人の前では魔女でいつづけたいらしい(赤を聞かれたくない)

そしてベアトがささやくと何もかもがなくなり現実世界へ・・・そこには絵羽と戦人が生き残っていた

絵羽は自分が犯人だと言って最後の生き残りである戦人を殺害

・・・魔法が完全に否定されたため、絵羽が犯人だと確定された


戦人は目が覚めるとベアトが横にいて、右代宮家の皆が周りを囲んでいた・・・なぜか祝福されている

そして訳も分からず署名させられそうになる・・・そこに新キャラが飛び入り参加!!

・・・縁寿というらしい 戦人と母親違いの妹

縁寿は戦人の周りにいるベアトのザコ家具を蹴飛ばし、戦人の元へ・・・署名をしないよう言う

なんと今回のエピソードの一連の流れはベアトが仕組んだ罠だったのだ

その名もツンデレ作戦・・・お師匠さんからの入れ知恵らしい

恐らくツンデレ作戦は縁寿の介入がなければ成功していましたね

・・・そのあとのベアトとラムダデルタの会話から、ベアトは完全に戦人を騙していたわけではないと思われる


ここで12年後の現実世界へ・・・絵羽は老化し、今にも死にそうなくらい衰弱していた

・・・絵羽は碑文の謎を解いたため生き残っていた

そこには縁寿が・・・絵羽に引き取られて暮らしていたらしい

縁寿は絵羽の最期を看取ると病院の屋上へ・・・自殺しようとしていた

そこに梨k・・・ベルンカステルが!! ベルンは縁寿に助けを求める

・・・ベルンカステルが縁寿をベアトと呼んでいたのは、縁寿が絵羽からベアトの名を受け継いだため?

恐らく縁寿もEP4に参戦してくるのだと思われます ・・・ここでEP3終了


結構色々なことがあったEP3

源治やロノウェの超人的な能力が明らかになったのは遥か昔・・・

特に最終話は詰め込んできたな・・・あらすじをおっていると文章が長くなるんだよ

この文章が何かの手違いで消えたときは結構へこんだ。。。

今回の話で一番重要だったのはトラファルガーの猫箱か・・・これからEPにも使えそうですね

EP3のみの評価
ストーリー    ★★★★☆
残酷さ      ★★☆☆☆
ベアトのツンデレ★★★★★
笑         ★★☆☆☆  ・・・超展開すぎるときに笑ってしまう
頭脳戦      ★★★★☆


EP3は面白かった・・・前回のEP2は魔法で何でも説明がついてしまう世界だったからな

次のEP4って期待しても良いのかな。。。


「うみねこのなく頃に」より魔女たちの壁紙(1600X1200)です
umineko16.jpg
FC2カウンター
プロフィール

シャルル

Author:シャルル
性別:男
好きなアニメ:プラネテス
好きな女優:北川景子
好きな歌手:ミスチル、KOTOKO
壁紙はすべて拾いものです

1人でボケて1人でツッコミを入れているときがありますが、微笑んで流してやってください

☆相互リンク募集中☆
相互リンクに関しては→こちら

基本的にはジャンルを問わず、どなたでもOKです


参考になった記事には拍手をいただけるとうれしいです

最新記事
カテゴリ
カレンダー
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
シャルル(ブログ主)の一言

2014年1月1日現在、普通に生きてます。LoLというゲームをやってます。ラノベとゲームにはまるこの頃。



これからは不定期で自分の好きな作品について語っていく予定。

検索フォーム
過去記事を一覧表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
リンク

☆相互リンク募集中☆

相互リンクに関しては→こちら

アニメ壁紙サイト まとめブログ

アニメ壁紙サイト まとめブログ




アニメ壁紙サイト まとめブログ

爽快!読書空間




二次元という名の幻想郷

二次元という名の幻想郷




新しい仮面ライダー考えました。

新しい仮面ライダー考えました。




~応援している公式サイトなど~



灼眼のシャナⅢ


僕は
友達が少ない 特設サイト


侵略!?イカ娘


TVアニメ「ペルソナ4」


Fate/Zero


K-ON!


TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト





空の境界





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。