スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 10話 感想

"Angel Beats!"第10話「Goodbye Days」の感想です

ネタバレとか気にせず叫びます・・・

ユイにゃああああああああああああああああん

個人的に今回が今までで1番良かったです・・・ユイにゃん回です


?あらすじ?

前回は音無が記憶を全部取り戻し、天使と協力してSSSメンバーを成仏させよう、というところで話が終わりました

それで誰を最初に成仏させるか・・・音無はユイを成仏させようと考えた

理由はSSSメンバーの中でいつも楽しそうで、バンドのボーカルもやり、十分に報われていると思ったからだ

音無は奏にある作戦を告げ、ユイと2人きりになれる状況を作ろうとした

一方ユイはバンドの練習中だった・・・しかしユイはひさ子からギターのダメ出しを食らってしまう

入江「ユイ?歌うか弾くかどっちかに専念した方が良いんじゃないの」 入江が喋った!!

関根「あーそりゃ言えてる。今のまんまじゃひどすぎるわ」 関根が喋った!!!

2人とも公式サイトを見るとキャラクター設定がしっかりしているのに異常に出番が少ない・・・

そこに奏が現れる・・・驚き怯えるメンバー達・・・そしてユイを指さし放った一言は

「お前のギターのせいでバンドが死んでいる。というわけでしばらくそのギターを没収させてもらう。」

・・・タイミングwww この天使の発言は実は音無の作戦

文句をつけられ、ギターを取り上げられたユイが奏を追いかける・・・はずだった

だがズバリ言い当てられたユイは意気消沈。追いかける気力もなくなっていた

そう、追いかける気力もなかったはずなのに、次のシーンではしっかり奏を追いかけて走っていた!!

・・・立ち直り早すぎwww

その後は 走ってきた奏と音無は衝突(したフリ)→奏はその衝撃でギターを手放してしまう(フリ)

→音無はそのギターをキャッチ →音無は追いかけてきたユイと話す機会を得る →作戦成功

音無がユイにやってみたいことを聞くと、ユイは少し迷った後

いいよ。話してあげる」と言って自分の過去を語り出す・・・なぜかこの台詞でぐっときた


ユイは小さいときに後ろから車にはねられて全身不随に・・・病院で寝たきりの生活を過ごしていた

ユイがバンドをやりたいと思った理由・・・それは寝たきりでも楽しめるテレビを見て、バンドに憧れたからだ

ユイが他にやりたいこと・・・

それは野球でホームランを打つこととサッカー、それにプロレスだった・・・なんという多趣味www

それでもユイのやりたいことを全部叶えてあげることにした音無・・・最初はプロレスから

ユイのかけたかった技・・・それはジャーマン・スープレックスだった →詳しくはWikipedia

早速やってみることに・・・なんとユイは音無を持ち上げることができた!!

だが何度やっても音無をそのまま投げ飛ばしてしまう・・・ユイはブリッジができなかったのだ

早速ブリッジの特訓に・・・それにしてもスカートをはいた女の子にブリッジをやらせるなんて音無きちk

なんとか1時間後ブリッジができるようになり、再度チャレンジすると・・・成功!! 俺もユイにプロレス技かけてもらいt


次はサッカーをすることに

ユイは5人抜きのドリブルシュートがしたいという・・・「マラドーナだよ?」ってユイの年齢いくつだよwww

音無はサッカーできるメンバーを集めることに・・・最初はTKのもとへ

TK「今のやつ、俺のように踊れなーい。Don't let me cry.」 ・・・って言ってる意味分からないwww

音無はさらにゆりには内緒で日向・野田・藤巻を集める・・・上手く説得してユイの待つグラウンドへ

音無を除いた男4人はいきなりのサッカー展開に戸惑いを感じるが、その場の流れでゴールを守ることに

なんとユイは5人抜きを達成して見事豪快なシュートを決めた!!

・・・まぁ敵であるはずの音無や奏の助力があったり、思いっきりファールしたり、TKに一度ボールを取られたりしたが


そして残るは1番の難題、ホームランである・・・ユイはホームランを打つにはあまりにも非力すぎた

その日暗くなるまで何度も挑戦するが、さすがにすぐ打てるようにはならない

次の日も挑戦するが、その日も結局ホームランは打てず・・・その様子を見ていた日向

その次の日も挑戦するがユイはまともにバットも振れなくなっていた・・・ユイの手はぼろぼろになっていた

ユイは自分でもホームランは無理だと知っていた・・・ユイはただ思いっきり体を動かしたかったのだ

ユイは毎日部活のように思いっきり体を動かせて、ホームランは打てなくてもそれなりに満足していた

音無「それなら全部叶ったのか?」 ユイ「もう1個あるよ」 音無「何?」

ユイ「結婚」 

ユイ「1人で動くこともできない、迷惑ばかりかけるお荷物。誰がもらってくれるかな・・・」

ユイは誰もが夢見る幸せを奪われ、神様を恨んでいた

音無は「そんなことない」と否定するも、その言葉は弱々しかった

ユイ「じゃあ先輩。私と結婚してくれますか」 ユイの目は真剣だった

音無はいきなりの問いかけに戸惑い、真剣なまなざしに圧倒され「それは・・・」と口にしたときだった

「俺が結婚してやんよ」  ・・・背後から聞こえた声、それは日向のものだった

日向「俺野球やってるからさ、ある日お前の家の窓を打った球でパリーンと割っちまうんだ・・・」

↑この台詞から空想上の世界(?)でユイと日向が出会って幸せに暮らす展開が個人的に胸を打たれました

次の瞬間には、ユイは日向の前から、この世界から姿を消していた・・・


ここで話は終わりかと思いきや、まさかの最後の最後にシリアス展開www

大山が""に襲われていたのを野田がその""を倒して助けたというのだ

次回へ続く・・・


・批評

1番最初に言ったように、今回が今までで1番良かったです

麻枝さんも今回を勝負回としていたらしく、シリーズを通して「泣ける話」はこの10話だったようです

俺も思わずグッと来て目頭が熱くなりましたが・・・涙を流すレベルにはいきませんでした

やはり日向がユイに告白するのは結構唐突すぎたかなぁ、と

今までユイと日向がからんでいるシーンが結構あって、何となく流れとしては不自然ではありませんが

そのユイと日向がからんでいるシーンがほとんどギャグだったので、それが違和感を生んでいるのかもしれません

ユイと日向の関係を裏付ける決定的なエピソード(シーンではなく)があれば、俺の涙腺は耐えられなかったかも

・・・つくづく「Angel Beats」は2クールでやって欲しかったと思います

でも個人的に問題点はそこだけで、使っている言葉の選び方、話の展開は良かったと思います

「やんよ」に妙に反応する人がいますが、何かに影響を受けすぎでは?

個人的に「?してやるよ」よりも「?してやんよ」の方が柔らかい印象を受けて良いと思います

あと劇中歌が憎いほど良い演出をしていましたね・・・劇中歌とかBGMとか、ずるいんだよ・・・だよ・・・

歌詞もユイの心情を歌っていると思われ、とても良い曲だと思います

Little BraverLittle Braver
(2010/06/09)
Girls Dead Monster

商品詳細を見る



次回はついにラスボスが登場か? ・・・"影"って、ハガレンを思い出してしまった

残り3話をどう上手くまとめるのか・・・これからの展開に期待です


Angel Beats!の壁紙(1400X900)です
angel_beats13.jpg

それにしてもバンドのボーカルばかり成仏してしまうガルデモは・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

シャルル

Author:シャルル
性別:男
好きなアニメ:プラネテス
好きな女優:北川景子
好きな歌手:ミスチル、KOTOKO
壁紙はすべて拾いものです

1人でボケて1人でツッコミを入れているときがありますが、微笑んで流してやってください

☆相互リンク募集中☆
相互リンクに関しては→こちら

基本的にはジャンルを問わず、どなたでもOKです


参考になった記事には拍手をいただけるとうれしいです

最新記事
カテゴリ
カレンダー
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
シャルル(ブログ主)の一言

2014年1月1日現在、普通に生きてます。LoLというゲームをやってます。ラノベとゲームにはまるこの頃。



これからは不定期で自分の好きな作品について語っていく予定。

検索フォーム
過去記事を一覧表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
リンク

☆相互リンク募集中☆

相互リンクに関しては→こちら

アニメ壁紙サイト まとめブログ

アニメ壁紙サイト まとめブログ




アニメ壁紙サイト まとめブログ

爽快!読書空間




二次元という名の幻想郷

二次元という名の幻想郷




新しい仮面ライダー考えました。

新しい仮面ライダー考えました。




~応援している公式サイトなど~



灼眼のシャナⅢ


僕は
友達が少ない 特設サイト


侵略!?イカ娘


TVアニメ「ペルソナ4」


Fate/Zero


K-ON!


TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト





空の境界





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。