スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G線上の魔王 感想

"エロゲー(18禁ゲーム)のすばらしさを伝えていこう!!"企画、第1弾「G線上の魔王」です

自分の趣味は幅広く、エロゲもその趣味の1つです・・・友人に勧められたのがきっかけです

正直、自分も最初はエロゲをバカにしていました・・・抜くためだけのゲームだと思っていましたから

ただエロゲも"作品を選べば"本やアニメ、映画以上の感動や面白みがあるのだなぁ、と思うこの頃

自分以外の人にエロゲの魅力を伝えたい、という企画です

G線上の魔王 通常版G線上の魔王 通常版
(2008/05/29)
Windows

商品詳細を見る


公式HP→http://www.akabeesoft2.com/g_sen/  Wikipedia→http://ja.wikipedia.org/wiki/G線上の魔王

・総評
ストーリー ★★★★★ 
キャラ   ★★★★★
音楽    ★★★★★
CG(絵)  ★★★★★
エロ    ★★★☆☆
総合    ★★★★★


・あらすじ

主人公・浅井京介はある事情から親元を離れ、浅井権三という暴力団の組長の養子となって暮らしていた

学園に通いながらも、権三にはこきつかわれ、夜は裏社会でひたすら金を稼ぐ毎日・・・

そんなある日、京介のもとに1通のメールが届く ―― From the Devil―― "魔王"と呼ばれる者からだった

 ――― かわいいぼうやおいでよおもしろいあそびをしよう

その頃、突如転校してきた髪が異様に長い少女、宇佐美ハル

なんと彼女は"魔王"を追ってこの町にやってきたのだという・・・なぜ?

京介達の周りで次々と起こる"魔王"がらみの犯罪

"魔王"の真の目的とは・・・


・批評

ジャンルは「推理&サスペンス&恋愛」

この作品は人が心の中に持つ悪魔(疑心、憎悪、孤独)を上手く描いていてる

またその悪魔を巧みに操って犯罪を起こす"魔王"はまさしくその名の通りといったところだろう

ストーリー展開、心理描写ともに優れていて、いくつもの緊張や興奮、感動が味わえる

終始飽きさせない展開で、胸の奥がざわざわする、背筋がぞくぞくするといった感覚が味わえる

いわゆる"泣きゲー(エロゲの中でも感動させることを目的としたゲーム)"といった部類ではないと思う

・・・確かに感動して泣くこともあると思うが、それ以上に心に残ることも多いだろう

Hシーンは恐らく普通・・・だがストーリー展開的にこれで抜くのは難しいだろう

またBADENDも一見の価値があるだろう

BADENDの中には「えっこれがBAD?」と思うのもあるかもしれないが、BADENDにはなくてTRUEENDにはあるものを見つけたり感じたりできれば面白みが増すだろう


※ここからネタバレ

推理&サスペンスものなのでネタバレには注意してください

・椿姫ルート

もしかしたら京介にとってこの椿姫ルートは1番幸せかもしれません

純真無垢で人を疑うことも知らない椿姫・・・そんな彼女の身にいきなり起きた弟の誘拐事件

その事件を通して椿姫は疑心に満ちていく

恐らくそのままBADENDを迎えるのがストーリー的に順当です

どのルートにも言えることですが、作品の雰囲気に合っていて自然な流れなのはBADENDですよね

そういった意味ではBADENDは"もう1つのTRUEEND"といっても良いでしょう

だがその自然な流れを覆すからこそ、そこには感動があるのかもしれません

自然な流れを「ごく自然に」作り上げ、鮮やかに切り返す脚本家には脱帽です


・花音ルート

見た目とは裏腹に本当に強い心を持った子です・・・さすがは権三の娘です

いつのまにか母を憎み、それを知っていて何もすることができない

だから最後の謝罪は今まで何もすることができなかった自分に対する反省もあったのだろう

・・・他にもあの謝罪には色々な意味が隠れていると思うが

ただ花音ルートを選ばず、共通ルートをいった後の花音を思うと少し不憫である


・水羽ルート

これだけを見たら、魔王との関わりも薄くゲームの雰囲気からかけ離れているルート

話が並行して進んでいる第4章を全部見て、初めて1つの物語となる

孤独をテーマとして扱っている

花音とは違って、水羽は個別ルートよりも共通ルートの方が幸せの人生を送れたかも

あとユキルートも欲しかった・・・


・ハルルート

この物語のメインヒロインであり、魔王の正体・目的・結末が唯一明らかになるルートでもある

魔王の正体は意外と分かりやすかったです・・・この人の名前が出た瞬間にピンと来ました

明らかに不自然な名前が自然な流れを装って出てきたらさすがに気付きます

魔王があっさりと倒されハッピーエンドのままエンディングを迎えたときは、この作品に限ってそんな終わり方はないと思ったのですが・・・まぁ期待通りでした

それでも最後の最後、良い意味で期待を裏切られました

ハルも最初は変人キャラでしたが、中盤から完全に凛々しく聡明なキャラに変わりましたよね

・・・個人的には最初の変人キャラも好きだったのですが


・全体

この作品は人間の心の中にある"悪"を題材にしています

この作品に出てくる登場人物は、ほとんど"憎しみ"によって悪の心が芽生えます

ただ憎しみから生まれる救いを求めるような悪はもろく、本当の悪は動物的な性質にこそ起源があると、この作品の中でも語られています

・・・非常に面白い考えですが決して悪を認めるわけではありません!!

京介が宇佐美をゴンドラから助ける場面ではまさに京介に悪の心が芽生えるのですが

それは憎悪から生まれる悪ではなく、殺さなければ殺されるという本能から生まれた悪だと思います

またこの作品は他にも"憎しみと愛"についても触れています

この世でもっとも長続きする感情は"憎しみ"であり、"愛"は正反対だといえます

ただ"憎しみ"は人を動かす原動力となりうるが、"愛"はさらに人を動かす原動力となる、ということをこの作品では伝えたいようです

さきほどの悪の話に戻りますが"愛"の方がより動物的な性質で本能によるものです

・・・と、物語の主題を突き詰めていくと面白いかもしれません
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

シャルル

Author:シャルル
性別:男
好きなアニメ:プラネテス
好きな女優:北川景子
好きな歌手:ミスチル、KOTOKO
壁紙はすべて拾いものです

1人でボケて1人でツッコミを入れているときがありますが、微笑んで流してやってください

☆相互リンク募集中☆
相互リンクに関しては→こちら

基本的にはジャンルを問わず、どなたでもOKです


参考になった記事には拍手をいただけるとうれしいです

最新記事
カテゴリ
カレンダー
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
シャルル(ブログ主)の一言

2014年1月1日現在、普通に生きてます。LoLというゲームをやってます。ラノベとゲームにはまるこの頃。



これからは不定期で自分の好きな作品について語っていく予定。

検索フォーム
過去記事を一覧表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
リンク

☆相互リンク募集中☆

相互リンクに関しては→こちら

アニメ壁紙サイト まとめブログ

アニメ壁紙サイト まとめブログ




アニメ壁紙サイト まとめブログ

爽快!読書空間




二次元という名の幻想郷

二次元という名の幻想郷




新しい仮面ライダー考えました。

新しい仮面ライダー考えました。




~応援している公式サイトなど~



灼眼のシャナⅢ


僕は
友達が少ない 特設サイト


侵略!?イカ娘


TVアニメ「ペルソナ4」


Fate/Zero


K-ON!


TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト





空の境界





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。